地域連携 IC カード施策の推進

JR 東日本では、2021 年 3 月より地域連携 IC カードのサービスを開始しました。

地域連携ICカードは、地域のバス事業者が運行するバスの定期券や各種割引など地域独自サービスの機能に加えて、SuicaエリアおよびSuicaと相互利用を行っているエリアで利用可能な乗車券や電子マネーなどのSuicaのサービスが1枚でご利用いただける2in1カードです。
東北地方では、2021年3月に岩手県でサービス開始したのを皮切りに、現在では5県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県)で11種類の地域連携 IC カードが導入されています。※2024年春には福島県でもサービスを開始予定

今後も地域の交通事業者とともに、地域連携ICカードの導入・利用促進を進めていくことで、Suica の共通基盤化を推進し、東北地方でのシームレスな移動の実現に努めてまいります。

イベント情報
開催日
通年
場所
東北
PAGE TOP